Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

日本代表  |  海外リーグ

2017.03.31 (Fri)

「ザ・スシボンバー」久保のブレーク前夜をベルギー誌が特集 成功の裏にあったものとは


ヤングボーイズに所属していたスイス時代にスポットライト

 

 日本代表FW久保裕也(ヘント)が、28日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の本拠地タイ戦で同予選2試合連続ゴールを含む1得点1アシストの活躍で、4-0勝利に貢献した。新鋭ストライカーは23日の敵地UAE戦でも1得点1アシストの活躍を見せていたなか、ベルギー誌が今年1月まで所属したスイス・ヤングボーイズ時代のブレーク前夜を追跡。英語も話せなかった久保少年の成功の裏には「ドイツ語の早期習得」があったという。

 

「久保裕也。ザ・スシボンバー」と特集したのはベルギー誌「レ・ビフ」。1月にスイスからベルギーリーグにやってきた久保は7試合5得点と活躍している。

 

「インスタント・インパクト。プレーオフ争いを展開する久保裕也の貢献に対する表現方法だ」

 

 記事ではヘントでの躍動をこう讃えている。そして、ブレーク前夜のスイス時代にスポットライトを当てている。久保のヤングボーイズでの元同僚で、現在強化部長を務めている元スイス代表DFクリストフ・スピヒャー氏は、スイス1年目だった19歳の久保を振り返る。

 

「僕がホテルに送った時には英語で話しかけたのだけど、日本語しか話せなかった。これは適応が厳しいと思った」

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト