Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ

2017.03.20 (Mon)

伊メディア選出「マッツォーネ教え子ベスト11」 中田英寿がバッジョ、ピルロ、トッティら名手と並ぶ


中田はペルージャ時代とボローニャ時代にマッツォーネ氏の下でプレー

 

 先日80歳の誕生日を迎えたイタリアのカルロ・マッツォーネ元監督には、イタリアのファンタジスタとして知られるロベルト・バッジョ氏などから祝福のメッセージが寄せられているが、イタリアの移籍情報サイト「ジャンルカ・ディマルツィオ・コム」がマッツォーネの教え子ベスト11を選出。バッジョ氏などと並んで、元日本代表MF中田英寿氏も選出されている。

 

 中田はイタリアでの初プレーとなったペルージャ時代に途中就任したマッツォーネ氏の下でプレー。この時に、マッツォーネ氏とは強い信頼関係で結ばれた。後に2003-04シーズンの冬の移籍市場でボローニャに期限付き移籍したが、その時の指揮官がマッツォーネ氏だった。

 

 マッツォーネ氏は、当時のパルマでサイドハーフとして苦戦していた中田をボローニャに呼び寄せた理由をこう話していたという。

 

「彼は中盤で“正確性”に溢れたプレーヤーだ。彼を生かすには中央でのプレーが必要なんだ。そうすれば、彼はゲームの主人公になってくれる」

 

 また、中田もマッツォーネ氏の誘いであったからこそボローニャへの移籍を決断したという。

 

「僕はマッツォーネのためにボローニャを選んだ。たとえ、僕のことを『イデ』と呼ぶとしてもね」

 

 イタリア語では「H」が発音されないため、中田の愛称である「HIDE」は「イデ」と発音された。マッツォーネ氏は最後まで「ヒ」の発音ができなかったが、それでも冗談交じりに指揮官への信頼を表現していたという。

 

 

 

1 2 3 4 5

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト