Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内  |  日本代表

2017.03.20 (Mon)

長谷部代役にハリル抜擢の“秘密兵器”が浮上 3年ぶりJ復帰の高萩が語るプレースタイルの変化


ハリルが認めるボランチの資質

 

 高萩は2003年、サンフレッチェ広島ユース在籍時に2種登録選手として16歳でJリーグデビュー。その後は06年の愛媛への1年間の期限付き移籍を挟み、14年まで広島でプレーした。卓越したテクニックと閃きで攻撃に変化を加え、ボランチ以外にトップ下などでも活躍。森保一監督の下、12年、13年とJ1連覇を達成した際には、2シャドーの一角に入り、攻撃陣をけん引する姿が印象的だった。

 

 15年1月にオーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズへ移籍後、同年6月から在籍したFCソウルでは、トップ下を主戦場として主力に定着。そして今季3年ぶりにJリーグの舞台に戻った高萩は、大型補強を敢行したFC東京でボランチの一角を担っている。プレーエリアを1列下げたことで、守備意識を高めており、それをピッチ上で体現することができているようだ。

 

 そしてロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE戦、タイ戦に挑む日本代表メンバーに、13年7月の東アジアカップ以来、約3年8カ月ぶりに名を連ねた。先日行われたメンバー発表会見で、ハリルホジッチ監督はMF長谷部誠のパートナー探しを課題に挙げており、その候補の1人として白羽の矢を立てられている。

 

 高萩についてハリルホジッチ監督は、「彼からのボールで攻撃が始まる質の高さを見せていた。ゲームの読みも良いと感じた。すごくスピードがあるタイプではないが、組み立てのなかで違いを作るテクニックがあり、フリーキックも蹴れる」と攻撃面での特長を述べた後に、「(身長が)183センチあるので、我々のディフェンスに向かってくるボールを考えた時にも有用な選手だ」と、守備での貢献にも期待の言葉を口にしている。

 

 そしてここにきて、ボランチの軸である長谷部がバイエルン戦で左膝を負傷し、UAE戦、タイ戦ともに欠場が決定的なことから、高萩が出場機会を得る可能性が高まっている。W杯アジア最終予選の後半戦スタートとなる重要な2連戦で結果を残せば、ハリルホジッチ監督の秘密兵器からボランチの軸へと、代表内での序列を一気に上げるはずだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト