Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ

2017.03.20 (Mon)

シュバイニーが代表引退のポドルスキに惜別の言葉 そして「君なら日本のファンを…」とエール


長年にわたって共闘、「僕らは友情を分かち合ってきたね」と独紙に思いを綴る

 

 元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(マンチェスター・ユナイテッド)が、J1ヴィッセル神戸への移籍が決まっている盟友のFWルーカス・ポドルスキ(ガラタサライ)に別れのメッセージを送っている。独紙「ヴェルト・アム・ソンタグ」に思いの丈を綴った。

 

 シュバインシュタイガーとポドルスキの2人は2004年6月のハンガリー戦でドイツ代表デビューを果たすなど、若手時代から揃って注目を集めてきた。2014年ブラジル・ワールドカップでは戦友として優勝も経験し、シュバインシュタイガーが121キャップ、ポドルスキが129キャップを記録してきた。

 

 “ポルディ王子”の愛称で知られるストライカーは23日に行われる国際親善試合のイングランド戦を最後に代表でのキャリアに幕を閉じる。一足先に代表引退の“シュバイニー”から惜別のメッセージが届けられている。

 

「親愛なるルーカス、僕らは何年にも渡って友情を分かち合ってきたね」と切り出したシュバインシュタイガーは、自身の代表ラストマッチとなった2016年8月のフィンランド戦の思い出を振り返っている。この試合、ポドルスキは負傷のために欠場していた。

 

「今でもはっきりと覚えているよ。代表ラストゲームで交代する瞬間、スタンドで僕の家族の近くに君が座っているのを見た。僕の人生に特別な場所をくれた人たちの真ん中、その一人として君がそこにいたんだ」

 

 二人は固い絆で結ばれていた。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >