Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ  |  海外所属選手

2017.03.20 (Mon)

ハリルJ強行招集の長谷部は今季絶望? 独紙は半月板損傷と推測、「火曜日に日本へ出発し手術」と報じる


フランクフルトのコバチ監督も内視鏡検査を明言 「重傷ならシーズンは終了となる」

 

 フランクフルトの日本代表MF長谷部誠は、膝の故障で手術を受けるとクラブが発表する一方、23日にロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE戦を控えるハリルジャパンへの強行招集を余儀なくされた。フランクフルトのニコ・コバチ監督も長谷部の内視鏡検査を明言する一方、ドイツメディアは半月板損傷の可能性とともに、今季絶望のシナリオを報じている。

 

「膝の手術。長谷部は今季終了か?」と報じたのは、ドイツ地元紙「ビルト」。コバチ監督が「今週、膝の内視鏡検査を受ける。ドクターが患部を確認後、その後の措置を決める。あのような怪我は避けようもない」と語った。

 

 長谷部は11日の敵地バイエルン・ミュンヘン戦(0-3)で、ドイツ代表FWトーマス・ミュラーのループシュートをクリアした際、ゴールポストに激突し負傷交代となった。左すねを負傷した長谷部は試合会場から病院に急行して6針の縫合処置を受けたが、自身のインスタグラムで「大した事はない」と楽観視するメッセージを出していた。

 

 だが、精密検査の結果、右膝が重傷だったことが判明。フランクフルトは公式サイトで、来週手術を受ける予定に加え「無期限の離脱」と発表していた。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト