Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ  |  海外所属選手

2017.03.18 (Sat)

「シンジが見事な仕事をした」 ドルトムント同僚も香川の高速ターン&スルーパスを称賛


守護神ビュルキがインゴルシュタット戦の決勝点を生み出した3人の連携と技術を讃える

 

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は現地時間17日、28歳の誕生日に行われたブンデスリーガ第25節の本拠地インゴルシュタット戦に先発フル出場した。先制点の起点になるスルーパスで1-0勝利に貢献した背番号23は、同僚からも「シンジは見事だった」と称賛されている。

 

 香川は1トップのFWオーバメヤンの背後で、MFプリシッチと並び2シャドーを形成。前半14分、ピッチ中央でパスを受けた香川はトレードマークの高速ターンで前を向くと、左サイドを駆け上がったDFシュメルツァーにスルーパスを通した。中央への折り返しをオーバメヤンが左足で押し込んで今季23得点目をゲット。これが決勝点となり、香川は美技によって2試合ぶりの白星の立役者となった。

 

 3月11日のヘルタ戦(1-2)では1アシスト、15日のDFB杯準々決勝シュポルトフロインデ・ロッテ戦(3-0)でも2点目に絡む活躍を見せている香川にとっては復権を印象づける3試合連続の好パフォーマンスとなったが、スイス代表GKロマン・ビュルキもこの活躍を称賛している。

 

 ドルトムントの公式サイトによると、守護神は「インゴルシュタットがとてもいい試合をした。彼らは凄まじいハードワークでピッチ上を網羅してきた。高い位置からプレッシャーをかけ、フィジカル的に強力でセカンドボールを手にした。我々は試合に入ることが本当に困難だった」と辛勝を振り返っている。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト