Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

日本代表

2017.03.16 (Thu)

初戦黒星を招いた“誤審”にいまだ恨み節のハリル UAE敵地決戦へ懇願「厳正なレフェリングを…」


リベンジを誓う敵地UAE戦へ、早くも神経を尖らせる

 

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は雪辱を期して臨むUAE戦に向けて、早くも敵地でのレフェリングに対して神経質になっているようだ。ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の後半戦スタートとなるUAE戦(3月23日)とタイ戦(28日)に向けた日本代表メンバー発表会見で、指揮官はUAE戦について「フェアなレフェリングをするように」と再三要望した。

 

 所属クラブで出番に恵まれないFW本田圭佑(ACミラン)をはじめ、代表復帰となるMF今野泰幸やMF倉田秋(ともにG大阪)、現体制初招集のMF高萩洋次郎(FC東京)といったメンバーの招集が注目を集めるなかで、指揮官がUAE戦に向けて特に強調していたのは敵地での戦い、それも審判の判定についてだった。

 

 「次のUAE戦はアブダビからアル・アインに会場が変わった。少し小さめのスタジアムで独特なスタジアム。大きなプレッシャーを感じながらプレーすることになる」と、会場となるハッザーア・ビンザーイド・スタジアムが醸し出す独特の雰囲気に、選手たち、そして審判団が飲み込まれないことを切に願っている。

 

「苦しみも受け入れて戦わなくてはいけない。もしかしたら、暴力的なことや挑発もあるかもしれない。フィジカルの戦いも必ずある。そのなかでもスポーツマンシップ、ルールに則って戦いたい。適正なレフェリングを期待している」

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト