Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内  |  海外リーグ

2017.03.15 (Wed)

1点が遠かったG大阪、江蘇蘇寧にホームで0-1と敗れACL2連敗 3位で前半戦を折り返す


 

3バックで臨んだG大阪、ラミレスのミドル弾で先制点を許す

 

 ガンバ大阪はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第3節の江蘇蘇寧(中国)戦に臨んだ。前半終了間際にチェルシーに所属していたMFラミレスのスーパーゴールを食らい、0-1で敗戦した。

 

 G大阪はACL初戦となった敵地アデレード(オーストラリア)戦に3-0で快勝したものの、第2節の済州ユナイテッド(韓国)戦では3バックが機能せず1-4の完敗。連敗を避けたい状況での一戦となったなか、先週末のFC東京戦で顔面骨折したGK東口順昭に代わり、鈴木椋大がゴールマウスに立った。一方、かつてJリーグにも所属経験のあるチェ・ヨンス監督率いる江蘇は、MFアレックス・テイシェイラとラミレスがともにスタメン入りした。

 

 この日もG大阪は3バックで臨み、好調の長沢駿が前線に構えた。前半はお互いフィニッシュまでたどり着く場面が少なく、膠着した展開となった。同36分にG大阪は右サイドからのクロスをMF今野泰幸が右足ボレーで叩いたが、ポスト左をかすめて先制点は奪えなかった。

 

 その直後の同40分、ラミレスがセレソンレベルの技術を見せつける。ジー・シアンのポストプレーからボールを受けると、躊躇なく左足を一閃。これがゴール左隅に突き刺さり、G大阪は0-1と先制を許して前半を折り返した。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >