Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ  |  海外所属選手

2017.03.12 (Sun)

ゴールポスト直撃の長谷部、脛の裂傷で縫合 負傷離脱ならハリルジャパンに大きな痛手


バイエルン戦、ミュラーのシュートをクリアした際に負傷

 

 フランクフルトの日本代表MF長谷部誠は現地時間11日の敵地バイエルン・ミュンヘン戦(0-3)で相手のドイツ代表FWトーマス・ミュラーのループシュートをクリアした際、ゴールポストに激突するアクシデントで負傷交代となった。クラブの公式ツイッター英語版では病院に搬送され、脛部分の裂傷で縫合を余儀なくされたことを報告した。

 

 ロシア・ワールドカップ最終予選の敵地UAE戦を控えるなかで、ハリルジャパンのキャプテンに暗雲が漂った。

 

 問題のシーンが起きたのは後半3分。フランクフルトは0-2とすでに2点のビハインドを背負っている中で長谷部は執念を見せた。ミュラーが飛び出したGKルーカス・フラデツキーの頭上を抜くループシュートを放った、カバーに入った長谷部が猛ダッシュ。ゴールラインを割るギリギリのところでボールを掻き出したが、そのままゴールポストに激突。右足の膝辺りを打ち付けると、顔を歪めてピッチにうずくまった。

 

 治療を終えてすぐにプレーに復帰したものの、同19分に足を引きずりながらDFマルコ・ルスとの交代でピッチを後にした。

 

 フランクフルトは英語版の公式ツイッターでリベロの状況を報告。「早く良くなってね、マコト。長谷部誠はゴールポストと衝突した際に、脛に裂傷を負ったので縫ってもらう途中です」と病院で手当てを受けることになったとツイートしている。

 

 今月末にはワールドカップ予選を控えているだけにチームの最終ラインで奮闘する長谷部が負傷離脱となれば、ハリルジャパンにとっても痛手になりそうだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

<  前の記事 次の記事  >