Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内  |  海外リーグ

2017.03.02 (Thu)

韓国メディアがG大阪に完勝の済州を絶賛 「“三一節”に日本遠征で大勝」「抗日、克日精神で退けた」


済州がACL敵地G大阪戦に4-1勝利 「ソウル惨敗の雪辱」と快勝を称える

 

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節で、済州ユナイテッド(韓国)がガンバ大阪に4-1で大勝した。G大阪はホームながらも精彩を欠いた一方、済州がその隙を巧みに突く形となったが、ここまでKリーグ勢の劣勢を覆す快勝を韓国メディアが報じている。

 

「“三一節”(サミルチョル)に日本遠征で大勝。ソウル惨敗の雪辱」

 

 日本を刺激する見出しでこう報じたのは韓国経済サイト「ブリッジ経済」だ。記事では「今回の第2節では、FCソウル(2-5で浦和レッズに敗戦)を除いたKリーグチームの健闘が光った。第1戦は1分3敗と停滞したが、2戦目は済州の大勝などもあり2勝1分1敗と奮闘した」とKリーグ勢の健闘を称えた。

 

 試合が行われた3月1日は「三一節」という韓国の祝日で、1919年3月1日に起こった「三・一独立運動」を記念する日だ。韓国内に多くの国旗が掲げられる日でもある。見出しは、日本からの独立するために起きた運動を記念すべき日に、「韓国の済州が日本のガンバ大阪に勝利した」ということを表現している。

 

 なんとも韓国メディアらしい結果の報じ方だが、その他でも似たような表現が目に飛び込んでくる。 

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >