Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内  |  海外リーグ

2017.02.24 (Fri)

「G大阪の経験値がレッズを殺した」 豪州メディアがACLの惨敗劇を紹介 敵将「これぞビッグチーム」


G大阪が敵地でアデレードに3-0と快勝

 

 ガンバ大阪は22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ初戦でアデレード・ユナイテッドと対戦し、敵地で3-0と快勝。アデレードを率いるギジェルモ・アモール監督の試合後のコメントを、豪州メディア「ROAR」が紹介している。

 

 オーストラリアでは“レッズ”の愛称で知られているアデレードは、昨季のAリーグで優勝。同国王者としてACLに臨んだものの、本拠地でG大阪に3失点の惨敗を喫することになった。「ROAR」は、「ガンバ大阪の経験値がレッズを殺した」と過激な見出しを打っている。

 

 現役時代にバルセロナなどで長く活躍し、スペイン代表MFとしても多くのビッグマッチでプレーしたアモール監督は、G大阪がこの一戦で披露した圧倒的な強さを前に、ACLの舞台に挑む上での経験値の重要性を再認識したようだ。

 

「我々は昨日(21日)、G大阪が常にチャンピオンズ(ACL)の舞台にいることを話した。その経験値は、この大会においてとても重要なものだ。ビッグクラブは試合をコントロールし、状況をコントロールする。非常に大事なんだ」

 

 さらにアモール監督は前半で2-0とリードしたG大阪が、後半に突入した途端にアデレードの反撃を想定し、戦術を変更してきていることに気がついたという。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト