Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内

2017.02.18 (Sat)

高校選抜がゴールラッシュ! 攻守に圧倒しU-18Jリーグ選抜に4-0と快勝


 

選手権を沸かせたメンバーが躍動、町野の先制弾でリズムをつかむ

 

 高体連とJリーグ下部組織の有望株が集う「FUJI XEROX SUPER CUP 2017 NEXT GENERATION MATCH」が18日、日産スタジアムで行われ、4-0で日本高校サッカー選抜が勝利した。

 

 日本高校サッカー選抜はGK廣末陸(青森山田→FC東京)らを始め、今冬の全国高校サッカー選手権で活躍した選手を中心にメンバーを構成。一方のU-18Jリーグ選抜はMF平川怜とFW久保建英(ともにFC東京U-18)、FW中村駿太(柏U-18)と、こちらも世代別代表メンバーが名を連ねた。

 

 前後半35分でキックオフされた試合は、序盤から選手権得点王の鳴海彰人(青森山田)の裏に抜ける動き、久保のドリブルを起点にJリーグ選抜が迎えた決定機を廣末が好セーブで防ぐ。また三國スティビアエブス(青森山田)が屈強なフィジカルを生かして相手マーカーを弾き飛ばしてクロスに持ち込むなど、それぞれの選手が持ち味を出した。

 

 そのなかで試合を動かしたのは前半21分、高校選抜の9番を背負う町野修斗(履正社)の華麗な一撃だった。高校選抜はペナルティーエリア手前正面への浮き球パスは跳ね返されたものの、セカンドボールに反応した町野が躊躇なく右足を振り抜く。鮮やかなボレーシュートがゴールネットを揺らし、高校選抜が1-0と先手を取り、前半を折り返した。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >