Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ  |  海外所属選手

2017.02.14 (Tue)

ドルトムント香川、CL16強の敵地ベンフィカ戦はベンチスタート予想 “切り札”として結果残せるか


 

香川は5試合連続の先発落ちか 2列目はプリシッチ、ロイス、デンベレの見込み

 

 ドルトムントは現地時間14日にUEFAチャンピオンズリーグ16強でポルトガル強豪ベンフィカとの敵地第1戦を迎えるが、日本代表MF香川真司は公式戦5試合連続の先発落ちとなる可能性が高まっている。ドルトムントの公式サイトが予想メンバーを発表した。

 

 トーマス・トゥヘル監督はリスボンでの対決に4-2-3-1システムで臨むと予想されている。GKはビュルキ、DFはピシュチェク、ソクラティス、バルトラ、シュメルツァーの4バック。ダブルボランチはヴァイグル、ゲレイロの若きコンビで、2列目は新鋭プリシッチ、ロイス、デンベレが並ぶと予想されている。1トップはエースのオーバメヤンが入ると見られており、香川はベンチスタートと見られている。

 

 香川は11日のブンデスリーガ第20節、敵地での最下位ダルムシュタット戦で後半17分から途中出場。大きな見せ場を作れず、格下に1-2で敗れたチーム状況からドイツメディアに低評価を与えられた。

 

 右足首に持病を抱える香川だが、欧州CLの舞台で途中出場の切り札として結果を残し、自らの存在を証明したいところだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

 

 

 

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト