Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ

2017.02.11 (Sat)

「私はここで幸せだ」 ドルトムント指揮官がアーセナル次期監督候補の噂を一蹴


トゥヘル監督が報道を完全否定 「私はそのことについて何も知らない」

 

 ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は、英メディアで報じられたアーセナルの次期監督候補についての噂を「何も知らない」と完全否定した。英紙「インディペンデント」が報じている。

 

 トゥヘル監督は11日に行われる敵地ダルムシュタット戦の前日記者会見に出席。そこでアーセン・ベンゲル監督の後任としてアーセナルの次期監督候補に挙がっているのでは、という噂についての質問を受けた。43歳の知将は「君たちのほうがよく知っているだろう」と切り返し、憶測にすぎないと一蹴している。

 

「私よりも君たち(記者)のほうがよく知っているだろう。私はそのことについて何も知らないから、話すことは何もない」

 

 2015年夏にユルゲン・クロップ監督(リバプール)に代わってドルトムントの指揮官に就任し、2年目のシーズンを戦うトゥヘル監督は、「私はドルトムントと契約している。ここで幸せだよ」と語っている。

 

 アーセナルは就任21年目のベンゲル監督が今季限りで契約満了を迎えるため、その去就に大きな注目が集まっている。地元メディアでは後継者探しも過熱しており、トゥヘル監督はユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督やASモナコのレオナルド・ジャルディム監督、レバークーゼンのロジャー・シュミット監督とともに有力候補の一人に挙げられていた。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト