Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ  |  移籍情報

2017.02.09 (Thu)

デ・ヘアを巡る遺恨再び? レアルが獲得への動きを再開、マンUは違約金78億円を要求か


名門を揺るがした破談騒動から1年半、レアルは獲得に自信

 

 レアル・マドリードは2015年夏の移籍市場で失敗に終わった、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの獲得に向けて再び動き出しているという。スペイン紙「マルカ」が、「時間を遡って、獲得オペレーションは進行中」と報じている。

 

メッシ、C・ロナウド、ポグバら世界最高峰のプレーをチェック! スポナビライブでプレミア&リーガ全試合ライブ配信中【PR

 

 レアルとユナイテッドによるデ・ヘアを巡る問題は、1年半前に決着したかに思われていた。当時、デ・ヘア獲得を熱望していたレアルは、夏の移籍マーケット最終日にコスタリカ代表GKケイラー・ナバスの譲渡を含めた取引で合意に達したが、期限内に移籍の手続きを完了することができずにまさかの破談に。その後、デ・ヘアはユナイテッドと契約延長を発表した。

 

 その後はジネディーヌ・ジダン監督も信頼するナバスが、レアルの守護神として活躍してきたが、クラブ幹部はこのところのナバスのプレーが安定性を欠いているとして補強の可能性が浮上。再びデ・ヘア獲得に向けた動きが再開されたという。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >