Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内  |  海外リーグ

2017.02.08 (Wed)

NTTドコモとDAZNが強力タッグ! 月額980円でJリーグ等が見放題の新サービス開始


 

2月15日から「DAZN for docomo」を提供開始 ブンデスやセリエAも楽しめる

 

 携帯電話をはじめとした無線通信サービスを提供する株式会社NTTドコモは、今シーズンからJリーグの放映権を獲得したDAZN(ダゾーン)を提供するパフォームグループと提携し、月額980円で観戦できる新サービス「DAZN for docomo」を2月15日から提供することを発表した。

 

 「DAZN」は2017シーズンから、10年間で2100億円にも及ぶ金額でJリーグの放映権を獲得。現在は月額1750円(税別)でブンデスリーガ1部・2部、セリエA、スペイン国王杯、FA杯などの海外サッカーを配信しているが、今月から開幕する明治安田生命JリーグもJ1からJ3まで全試合を放映すると発表している。

 

 今回のサービスはドコモ利用中のユーザーであれば、月額980円で視聴することが可能になるという。同社は今回のサービス開始を、以下のようにPRしている。

 

「様々なデバイスに対応し、スマートフォンやタブレット、パソコンはもちろん、テレビでも視聴することが可能です。なお、試合の模様をライブ動画で視聴できる『ライブ視聴』や、試合の途中でも最初から視聴できる『見逃し配信』、試合のハイライト動画を短時間で視聴できる『ハイライト視聴』等のスタイルがあり、時間や場所を気にすることなく、いつでもどこでも観戦できます。生中継を見逃して諦めていた方も、これからは『DAZN for docomo』で、お気に入りのチームや選手の大事な一戦を、お好きな視聴スタイルで、心ゆくまでお楽しみいただけます」

 

 また、最後には「DAZNは、すべてのファンのために、スポーツを楽しめるゾーンを提供し、日本のスポーツ業界を更に盛り上げてまいります」とも記している。1000円を切る月額金額設定で、Jリーグ全試合など数多くのサッカーを視聴できる環境となりそうだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

松岡健三郎●写真 photo by Kenzaburo Matsuoka

<  前の記事 次の記事  >