Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内

2017.01.10 (Tue)

「注目されることは当たり前」 5戦連続5ゴールの青森山田10番が抱くプロ入りへの覚悟


悲願の初優勝に貢献したエース高橋 「点を取ることはいつも狙っている」

 

「注目されることは当たり前」――。この強い気持ちを持ったナンバー10が、青森山田にとって史上初となる日本一への号砲を叩きこんだ。

 

 9日に行われた第95回全国高校サッカー選手権決勝、青森山田(青森)対前橋育英(群馬)戦で先制ゴールを決めたMF高橋壱晟は、今大会全試合でゴールをマーク。チームメートに感謝しつつ、今後はかつて同校の背番号10を背負った大先輩・柴崎岳(現鹿島アントラーズ)に一歩でも近づきたいと決意を新たにした。

 

 前橋育英の果敢なプレスとコンビネーションに後手を踏み気味だった青森山田。その流れを食い止めたのは、エースの一撃だった。前半23分、右サイドからのクロスに反応したMF高橋が左足ボレーシュートを狙うと、相手DFに当たってシュートコースが変わりゴールラインを越えた。この先制弾で流れを引き寄せたチームは、前半終了間際に追加点、そして後半にも3得点を奪うゴールラッシュを見せた。

 

 高橋自身、“自分の大会にする”との意欲を持って臨んだこの大会で、5試合連続5得点と中盤として出色の決定力を発揮した。「優勝したので、こうやって自分が注目される立場にある。チームに感謝します。優勝させること、試合を勝たせることを意識してやってきた。先制点を取れてチームの優勝に貢献できて良かったと思います」と周囲への感謝を口にした一方で、このように自分のプレースタイルを自覚している。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >