30日開幕の高校選手権、ブロック別の初戦注目カードをチェック! 

昨年同王者の東福岡は名将率いる長崎総科大 勝ち上がっても難敵と激突か

 第95回全国高校サッカー選手権大会は、12月30日に開幕を迎える。全国47都道府県の代表校が一戦必勝のトーナメントで日本一を目指す。今回の組み合わせでは初戦から好カードが続出する見逃せない日程となっている。そこで各ブロック組み合わせ、初戦の注目カードをチェックしてみた。

■Aブロック■

【初戦注目カード】

桐光学園×長崎総科大(1回戦、12月31日/等々力、12:05キックオフ)

昨年度の選手権王者・東福岡(福岡)が入ったこのブロックは、非常に厳しい戦いが序盤から続く。神奈川で抜群の強さを誇る桐光学園(桐光学園)の初戦の相手は、かつて国見(長崎)を全国屈指の強豪に仕立て上げた名将・小嶺忠敏監督率いる長崎総科大附(長崎)との対戦となる。

 この試合を勝ち上がっても、2回戦では大迫勇也(現ケルン)らを輩出した鹿児島城西(鹿児島)、そして3回戦では東福岡と激突する可能性がある。そして、サッカーどころ静岡の藤枝明誠、3年前の選手権王者・富山第一(富山)もこのブロックに組み込まれており、準決勝進出は非常にハードなタスクとなりそうだ。

 

ランキング