バルサが来季監督交代? 去就不透明なルイス・エンリケ、後任候補にレアルも狙った知将が浮上

ルイス・エンリケ監督は今季で契約満了 退任時はビルバオを率いるバルベルデ監督を招聘か

 バルセロナの来季新監督にアスレチック・ビルバオのエルネスト・バルベルデ監督が急浮上している。スペイン地元紙「マルカ」が報じている。

 昨季の二冠王者バルサを率いるルイス・エンリケ監督は今季限りで契約満了となるが、来季去就は不透明になっている。そして、1988年から90年までバルサでプレーした経験を持つバルベルデ氏が、エンリケ監督退任時の有力候補に浮上しているという。

 バルベルデ氏は2013年からビルバオを指揮。リーガで評価を高めており、記事によるとレアル・マドリードも今年1月にラファエル・ベニテス監督を解任した際、バルベルデ氏の招聘に動いたという。バルベルデ氏が残留を選択し、契約を更新したことで頓挫していた経緯があったようだ。

「スペインサッカーに造詣が深く、アスルグラナ(青とエンジの意味でバルサの愛称)スタイルのフットボールを実現する実力の持ち主だ」と記事では高く評価されている。“白い巨人”も狙った知将が、来季バルサのベンチに君臨することになるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ランキング