スペイン紙、ハメスの去就で読者投票を実施! 白い巨人のサポーター57%が“売却”を支持

移籍希望と報じられるレアルの10番ハメス 3300以上の投票で放出を望む声が上回った

 レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは出場機会の少なさから移籍を希望していると伝えられている。このままでは不満分子となりかねないレフティーについて、白い巨人のサポーターは放出を支持しているという。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 レアルは18日に行われたFIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)の決勝で、延長戦の末に鹿島アントラーズを4-2で下して通算5度目のクラブ世界一に輝いた。公式戦の37戦無敗とチーム状態は良好だが、それとは裏腹に背番号10を背負うハメスの心は晴れていない。

 ハメスは出番なしに終わった鹿島戦後に移籍を志願したと伝えられている。ジネディーヌ・ジダン監督の下では昨季のUEFAチャンピオンズリーグ決勝でも起用されないなど、序列の低さが浮き彫りとなっている。すでにチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドなどメガクラブが移籍先に浮上したとの情報もあるようだ。

 これを受けてレアルびいきで知られるスペインの「マルカ」紙が、ハメスの去就に関して読者投票を実施。3300以上の投票が行われ、過半数の57%が売却を支持しているという結果となった。

 

page1 page2

ランキング