Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内  |  海外リーグ

2014.12.12 (Fri)

中村俊輔伝説 今もグラスゴーで語り継がれる、2本のフリーキックの奇跡


いまだ多くのファンの脳裏に刻まれる俊輔の功績

 

 

 キックオフは午後1時だから、12月14日の午後1時45分過ぎには、グラスゴーのセルティック・パークで万雷の拍手と歓声が巻き起こることだろう。

 

 そしてその拍手と歓声の中心には中村俊輔がいる。

 

 2005年8月7日の夕刻、筆者はBBCラジオ・スコットランドからの電話を待っていた。その前日、ダンディー・ユナイテッドとのホーム戦で、中村俊輔はセルティックでのデビューを飾っていた。

 

 2-0でセルティックが完勝した試合、はじめてスコットランドのピッチに立った俊輔はシンプルなプレーを心がけていた印象だった。

 

 先発して後半39分まで悠々と、軽快にプレーしていた。いつもよりやや深めの位置で、自分を窮屈にしない形を作ってパスを受け、ボール離れも早かったと思う。しかしファーストタッチの精度は高く、どんな強いボールでもいとも簡単に足元に収めてしまうと、的確なパス相手を瞬時に選択してボールを動かした。

 

 だからその印象をそのままBBCの番組で話した。「フィジカルが強いスコットランドでのデビュー戦、いつもよりシンプルなプレーを心がけていたと思う。本来の俊輔はもう少しfancy(サッカーでは自在性を表し、または”派手”という意味もある言葉)な選手だ」と。

 

 すると、電話の向こう側で「WOW!」と短い歓声が上がるのが聞こえた。続いて「あれ以上にfancyな選手なのか!?」というつぶやきが聞こえてきた。

 

 あの日から9年2か月が過ぎた2014年の10月23日、日本人MF瀬戸貴幸が所属するFCアストラとのヨーロッパ・リーグ戦を取材するため、筆者は久々にセルティック・パークを訪れた。2009年6月に中村俊輔がエスパニョールへ移籍してから、すでに5年4か月の月日が流れていた。

 

 

 

 

1 2 3 4

<  前の記事 次の記事  >