元プレミア得点王が古巣マンUに復帰? チーム練習に参加予定と母国メディアが報じる

華麗な足技でファンを魅了したベルバトフ 今季無所属もプレミア復帰を熱望

 マンチェスター・ユナイテッドに、華麗な足技でファンを魅了したストライカーが帰ってくるかもしれない。現在、所属クラブのない元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフが”赤い悪魔”に復帰する可能性を、英地元紙「マンチェスター・イブニングニュース」など複数メディアが報じている。

 ベルバトフといえば、2010-11シーズンにユナイテッドで20得点を決め、プレミアリーグ得点王に輝いたストライカー。得点だけでなく、柔らかなボールタッチから繰り出す足技でスタジアムを沸かせる技巧派の点取り屋だ。

 ギリシャのPAOKテッサロニキを今夏退団して以降は所属クラブがなく、現在はフリーで新天地を探している。トットナムやフルハムでもプレーしたブルガリアの英雄は以前からプレミアリーグ復帰が噂されていたが、ユナイテッドも候補の一つとなっているようだ。来年1月に36歳を迎えるが、本人はプレミアリーグというトップレベルでの戦いを熱望しているという。

 またブルガリアのスポーツ情報サイト「Sportal」によれば、ベルバトフは現在マンチェスターに滞在しており、今後キャリントン(ユナイテッドの練習場)でのチームトレーニングに参加する予定だという。

 首位チェルシーと勝ち点13差でリーグ6位に甘んじる名門に、かつてのエースが帰ってくるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ランキング