チェルシーで不遇のオスカル アジア史上最高87億円での中国移籍が成立か

上海上港からのオファーをチェルシーが受け入れたと、英紙報じる

 “爆買い”で話題の中国で、新たな大型移籍が成立しようとしている。プレミアリーグ首位のチェルシーは、中国1部の上海上港から届いたブラジル代表MFオスカルへの移籍金6000万ポンド(約87億円)という高額オファーを受け入れたと英紙「エクスプレス」が報じている。

 上海上港は11月に元イングランド代表指揮官のスベン=ゴラン・エリクソン監督が退任し、元チェルシーのアンドレ・ビラス=ボアス監督が就任したばかり。今夏にアジア史上最高額となる5600万ユーロ(約68億円)でブラジル代表FWフッキを獲得して大きな話題を呼んだ。その他にも広州恒大でAFCチャンピオンズリーグ優勝を経験しているFWエウケソンや、MFダリオ・コンカといった強力な攻撃陣を擁している。

 オスカルはチェルシーのレジェンドであるMFフランク・ランパードの背番号「8」を受け継ぐなど、大きな期待を背負う攻撃的MFだが、アントニオ・コンテ監督が採用する3-4-3システムでは居場所を失いつつある。リーグ戦では1-2で敗れた9月16日のリバプール戦に先発したのを最後にベンチが定位置となり、破竹の9連勝と好調のチームのなかで取り残されている状況だ。

 レポートによれば、チェルシーはオファーを受託し、オスカル放出を容認済み。またオスカル自身もチームメートに中国行きをすでに伝えているという。

 

page1 page2

ランキング