2017年ACLの組分け決定! J王者鹿島はE組、浦和は天皇杯で鹿島以外が優勝ならG組で広州恒大と激突

天皇杯王者が鹿島なら浦和が“第2代表”、川崎が“第3代表”、G大阪が“第4代表”

 アジアサッカー連盟(AFC)は13日、マレーシアのペタリンジャヤで2017年AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ組分け抽選会が行われた。

 グループAからDがアジア西地区、グループEからHがアジア東地区で争われる形式は例年通りで、3つの本大会出場枠を持つ日本はすでにJリーグ王者の鹿島アントラーズと年間2位の浦和レッズがグループステージから出場することが決まっている。

 抽選の結果、鹿島はグループEに組み込まれ、タイのムアントン・ユナイテッドとプレーオフを勝ち抜く2チームと戦うことが決まった。

 日本の「第2代表」となる天皇杯優勝チームはグループFに入り、FCソウル(韓国)、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)、プレーオフの勝者と同居する。

 

page1 page2

ランキング