浦和の柏木がファン・サポーターに異例リクエスト 「出て行ってほしいとか…そういうのは悲しい」

12日にオフィシャルブログを更新 「サッカー選手として」のタイトルで思いを綴る

 J1リーグはチャンピオンシップ決勝(CS)を制した鹿島アントラーズの優勝で幕を閉じたが、そのCS決勝で敗れた浦和レッズの10番・柏木陽介が、ファンやサポーターに対して異例の要望とも受け取れるメッセージを発信している。

 12日に自身のオフィシャルブログを更新した柏木は、「サッカー選手として」というタイトルで思いを綴っている。「こんにちは。この時期に思うこと」と書き出し、CS決勝後に浦和の選手に関して様々な言葉が飛び交う状況について言及した。

「どんな選手に対しても好きも嫌いもあるかもしれへん。プロである以上、厳しい目で見られることも理解してる。でも出て行ってほしいとか、あの選手いらないとかそういうのは悲しいなって」

 具体的な選手名は伏せているものの、「出て行ってほしいとか、あの選手いらないとかそういうのは悲しい」との思いを率直に明かしている。また「全ての人が“レッズ”を愛してこそ……」と持論を展開した。

「人それぞれ、その人の特徴があり、いいとこも悪いとこもある。誰も頑張ってない選手はいないし、みなさんのすばらしい応援を含め、誰もがレッズのために闘ってる。レッズに関わる全ての人が“レッズ”を愛してこそ、チームになるんじゃないかな」

 

page1 page2

ランキング