Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ

2016.12.11 (Sun)

強豪クラブが順当に通過、番狂わせもなし… 今季CL“16強”の所属国が過去最少の6カ国


1999-2000シーズンに出場国が32カ国に拡大されてから最少記録

 

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージが終了し、決勝トーナメント進出の16チームが出揃ったなか、その所属国が過去最少になっている。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

 

 今季のCLは、グループステージでの驚くような番狂わせはなく、順当にビッグクラブがグループステージを通過。それと同時に、東欧や北欧などの伏兵が2位通過するようなケースも少なかった。

 

 今回の16強進出チームの所属は、イングランド、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、ポルトガルの6カ国のみとなった。これは1999-2000シーズンに出場国が32カ国に拡大されてから最少記録となった。これまでの最少は7カ国で過去4回あったが、有力選手の集中が進んでいることが傾向として浮かび上がる。

 

 過去には名将に率いられた伏兵が躍進を遂げるパターンや、その後スターダムにのし上がっていく存在がCLで活躍することもあった。しかし今季は、強豪国のリーグを代表するチームが決勝トーナメントに出揃っている。驚きの躍進はなかったが、レベルの高い争いを楽しむという点では、見どころ満載のトーナメントになりそうだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

 

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト