世界No.1の高給取り選手が発覚! C・ロナウド、メッシを凌ぐ巨額サラリーを手にする選手とは…

「フットボール・リークス」が暴露 世界最高額はラベッシ

 河北華夏のFWエセキエル・ラベッシが、レアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナのFWリオネル・メッシらスーパースターを抑えて、世界ナンバーワンの高給取りの選手である可能性が浮上している。サッカー専門の暴露サイト「フットボール・リークス」が明らかにしたと、英紙「ザ・サン」など複数メディアが報じている。

 これまで何人ものスター選手の契約書を暴露し、大きな話題を呼んできた「フットボール・リークス」が、今回ターゲットに定めたのはラベッシ。その内訳は想像を絶するものだった。

 先月にレアルと契約延長に至ったロナウドは週給44万ポンド(約6300万円)、年収換算だと約32億7000万の契約となる。しかし、昨夏に中国へと活躍の場を移したラベッシは、これを凌ぐ給料を受け取っているという。その金額はなんと、週給49万3000ポンド(約7050万円)。年収にして約36億7000万円にも上るというのだ。この金額は世界最高の選手と謳われるメッシの週給を27万ポンド(約3850万円)、年収にして約16億5000万円も上回っていることになる。

 ラベッシはパリ・サンジェルマンに所属していた1年前の冬の移籍市場で、現役のアルゼンチン代表選手でありワールドクラスの実力を誇りながら、30歳という年齢で中国行きを決めていた。時期尚早と受け取られる移籍で世界に驚きを与えたが、実際にこれほどの天文学的な金額を提示されていたのなら、“稲妻ストライカー”が拒否することは不可能に近かったのかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

ランキング