レスター岡崎、CL2試合連続ゴールなるか 7日の敵地FCポルト戦は先発出場の見込み

CLグループステージ5試合を終えて首位通過が確定 ヴァーディやマフレズらは温存

 レスター・シティは現地時間7日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ最終節でFCポルトと敵地で対戦する。すでに首位での16強進出が決まっており、FWジェイミー・ヴァーディやMFリヤド・マフレズらを温存することが明らかとなった。英地元紙「レスター・マーキュリー」が報じている。

 5試合を終えて4勝1分のレスターはすでに首位での決勝トーナメント進出を確定させている。クラウディオ・ラニエリ監督は「もし勝たなければならないというのであれば、選手全員を連れて行く」とコメントしているものの、「何人かの選手はプレーしていない。彼らもポテンシャルを見せるためのチャンスを手にするのに相応しい」と、普段は出番の少ない控え組を起用する方針を明かした。

 レポートによれば、遠征メンバーから外れるのはヴァーディ、マフレズの二枚看板に加え、FWイスラム・スリマニ、DFロベルト・フート、MFアンディ・キング、そして負傷中のMFバルトシュ・カプストカの6人となっている。

 名前の挙がっていない日本代表FW岡崎はメンバー入りの見込み。さらにヴァーディ、スリマニというレギュラークラスが不在となれば、岡崎が先発する可能性は高そうだ。11月22日の第5節クラブ・ブルージュ戦でCL初ゴールを挙げており、2戦連発に期待が懸かる。

 レスターはCLで好調を維持しているのと対照的に、リーグ戦は降格圏と勝ち点差わずか2の16位に沈んでいる。ヴァーディら不調の主力組はこの休養をいいリフレッシュ期間として、リーグ戦で輝きを放てるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

ランキング