レスター岡崎の意地の一撃をチームメートが絶賛 「あのスピリットが我々に不可欠だ」

オーストリア代表DFフクスは、逆襲の狼煙を上げた岡崎弾を称賛

 レスターの日本代表FW岡崎慎司は、3日の敵地サンダーランド戦で途中出場し、今季2ゴール目を決める奮闘を見せた。チームは1-2で敗れたが、親友のサイドバックは侍ストライカーの意地の一撃を「あのスピリットが我々に不可欠だ」と絶賛している。

 最下位サンダーランドに不覚を取ったレスターだが、意地は見せた。岡崎が後半23分から途中出場すると、MFデマライ・グレイの左クロスに対してDFの背後から飛び込みゴール。ストライカーとしての本能を見せた。

 これに喜んだのはオーストリア代表DFクリスティアン・フクス。チームの公式テレビ番組「LCFC TV」に登場すると、逆襲の狼煙を上げた岡崎弾を讃えている。

「彼にとってだけでなく、チームにとっても良かった。彼がゴールを決めた時、チームは2点目に向けて攻勢に出た。あのスピリットが我々のサッカーに不可欠なものなんだ」

 フクスは岡崎弾が息吹を与えたレスターの反転攻勢の精神こそ、不振のチームにとっての希望だと語っている。

「このまま前進することが我々のできること。勝ち点を取るために十分にモチベーションは高まっている。マンチェスター・シティ相手に素晴らしいチャンスを作れると思う」

 前年度のリーグ王者の降格は1938年のマンチェスター・シティ以来の恥辱となる。次節シティ戦に向けて、岡崎弾は降格危機の迫る昨季王者に確かな自信を植え付けたようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

ランキング