Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

プレイヤー

2016.10.23 (Sun)

元なでしこ主将の宮間擁する岡山湯郷が2部降格!


ベレーザのFW田中美南が18得点で得点女王に

 

 なでしこリーグ1部は、23日に各地で最終節が行われ、今季の最終順位が確定した。すでにリーグ連覇を決めていた日テレ・ベレーザは、敵地で浦和レッズレディースと対戦し、2-0で勝利して最終戦を飾った。また、アルビレックス新潟レディースに敗れた岡山湯郷Belleが10位となり、来季の2部降格が決定。9位となったコノミヤ・スペランツァ大阪高槻は、2部を2位で終えたASエルフェン埼玉との入れ替え戦に進む。

 

 ベレーザはリーグ開幕から安定した強さを誇り、リーグ2試合を残して早々に連覇を決めた。FW田中美南が18得点で得点女王を獲得し、優勝の原動力となった。元なでしこジャパンMFの澤穂希さんが引退して初のシーズンになったINACは、日テレには離されたものの2位をキープ。今季から1部初昇格のAC長野パルセイロが、なでしこジャパンFW横山久美のリーグ2位16得点の活躍などで3位に躍進した。

 

 岡山湯郷は、元なでしこジャパン主将のMF宮間あやを擁したものの、7月に宮間を含むチームの主力数名が退団を表明するなど不安定なシーズンになった。結局、宮間は残留したものの、リーグ後半戦をほとんど欠場。元なでしこジャパンGK福元美穂はINACへ移籍し、チームは低迷。9位逆転への望みをかけた最終節にも敗れ2部降格の憂き目に遭ってしまった。

 

 この結果、来季は2部優勝のノジマステラ神奈川相模原が1部に初昇格する。また、今季限りでの引退を表明している元なでしこジャパンFW丸山桂里奈が所属の大阪高槻は、最終節でINACに敗れたものの9位をキープし、2部で2位のAS埼玉との入れ替え戦に臨む。

 

  • なでしこリーグ1部最終順位

 

1位 日テレ・ベレーザ

2位 INAC神戸レオネッサ

3位 AC長野パルセイロ

4位 ベガルタ仙台L

5位 アルビレックス新潟L

6位 伊賀FCくノ一

7位 ジェフ千葉L

8位 浦和レッズL

9位 コノミヤ・スペランツァ大阪高槻

10位 岡山湯郷Belle

 

 

 

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト