Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ

2016.09.26 (Mon)

日本人への「差別用語と知らなかった」 岡崎の同僚ヴァーディが人種差別発言を“永遠の汚点”と告白 


昨年7月にカジノで日本人への人種差別発言 その後は社会問題にも発展

 

 レスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが、昨年7月にレスター市内のカジノで連呼した人種差別発言について「永遠の汚点」と振り返る一方で、「ジャップという言葉が差別用語と知らなかった」と告白している。アメリカスポーツ専門テレビESPNが報じた。

 

 昨季レスターのプレミアリーグ優勝の立役者となった29歳の遅咲きのストライカーは、シーズン開幕前に社会問題を起こした。レスター市内のカジノで日本人の客に対して「ジャップ」などと罵倒。酒乱状態の動画を地元メディアが公開すると、一気に社会問題に発展した。チームメイトの日本代表FW岡崎慎司に謝罪したと地元メディアはレポートしていた。

 

「ほとんどの罪は時間とともに消え去る。でも、2015年7月に起きたことは消す方法はない。差別主義者という言葉は、自分の名前において永遠の汚点になっている。これは犯罪記録よりも酷い事なんだ」

 

 ヴァーディはクラブを通じて謝罪し、クラブから罰金と差別に関する教育を受けることになった。「自分の事を許さない人もいるだろう。自分の犯した最悪の過ちを許し、自分がそこから学んだ事を認めてくれる人もいるけれど……子供が父親の名前をユーチューブで検索した時に、『ジェイミー・ヴァーディ 差別主義者』と表示される。グーグルでも同じだ。恐ろしいことだ」と、後悔の気持ちを明らかにしている。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >