Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

日本代表

2016.01.14 (Thu)

敵は己の中にあり U−23日本代表の海外組エースがリオ五輪最終予選北朝鮮で実感した壁とは


ヤングボーイズFW久保「もっと自分たちのサッカーは出来たはず」

 大事な初戦の勝利にも、U-23日本代表FW久保裕也は課題を感じている。手倉森ジャパンは13日のリオデジャネイロ五輪最終予選の初戦、北朝鮮戦で1-0で勝利。苦戦が予想された船出で勝ち点3スタートを切った。しかし、スイス・スーパーリーグのヤングボーイズでレギュラー格としてプレーするストライカーにとっては、まだまだ向上の必要があると感じられた一戦になったようだ。

「全体が初戦ですごく硬かったという話や、もっと自分たちのサッカーができたという話はした。ただ、勝ち点3を取れたのは大きい。自分としてはもっとシュートを打つべきだったし、チャンスメークもできた。ロングボールが多かったこともあるが、あまりボールを受けられなかった。ボールを動かすサッカーをしたいし、できるんじゃないかと思う」

 セットプレーで先制するという理想的な展開だったが、相手の猛攻に苦しみ、リードを広げることはできなかった。久保自身も期待されたゴールという結果を出すことはできなかった。「硬くてね、チームが。その中で勝てたことは非常に大きい。これ以上悪い試合はないと思いますから。あとは自信持って戦わせたい。自分たちのボールを握る部分ですこし臆病になった」と、手倉森誠監督も同様の感触をゲーム後に語っている。久保自身も、前半45分に左サイドからのボールを体をひねってシュートにつなげるチャンスがあった他は、やや存在感を欠く試合になった。

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト