Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ  |  海外所属選手

2016.01.07 (Thu)

ミラン本田のボローニャ戦のパフォーマンスに地元各紙が酷評の嵐 「足より舌に毒がある」


「役立たず」と断罪

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、6日の本拠地ボローニャ戦で2試合連続先発を果たした。だが、チャンスメークの場面もあったが、得点には絡めず。後半20分に途中交代でピッチを去った。地元メディアはセリエBから昇格組相手に0-1で完封勝利を喫したミランイレブンに落第点を連発。その一方で、本田に対しても満場一致で酷評の嵐となった。寸評では、「散歩していた」「役立たず」「足よりも舌に毒がある」と一刀両断されている。

 ガゼッタ・デロ・スポルト紙は本田に「4.5」点という問答無用の落第点を与えている。最低評価はイタリア代表ジャコモ・ボナベントゥーラの「6」点。シニシャ・ミハイロビッチ監督は「5」点の落第点。最低点は本田と交代でピッチに入ったイタリア代表MFアレッシオ・チェルチの「4」点だった。チェルチは、GKとの一対一を外したことがマイナス評価になったようだ。

 下から2番目の評価となった本田には厳しい言葉が並んでいる。「(試合開始から)20分後には散歩していた、ボールに触ってプレーするごとに、スピードが落ちた。役に立たない」。背番号「10」はコンディションの良さをピッチ上で示していたが、次第にブレーキとなり、「役立たずだった」と断罪されている。

 コリエレ・デロ・スポルトも「5」点と、平均点以下の評価となった。寸評はピリ辛だ。

 「この日本人は右サイドでは活躍できない。ともかくミランから遠くの未来を考えるよりも、現在について考えた方がいい」とバッサリ。シーズン序盤にトップ下失格の烙印(らくいん)を押された本田は、右サイドでも活躍は厳しいと指摘している。クラブの方向性などに批判的なコメントがまたしてもイタリアで物議を醸す中、背番号「10」は昨季第7節からリーグ戦でゴールから遠ざかっている。自分自身を見つめ直すべきだと、きついエールを送っている。

 最高評価は若き守護神ジャンルイジ・ドンナルンマの「5.5」点。FWバッカとDFメクセスは本田以下の「4.5」点。最低点はチェルチで「4」点だった。

1 2

<  前の記事 次の記事  >