Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内

2016.01.01 (Fri)

G大阪が今季”三度目の正直”で天皇杯連覇! 浦和の9年ぶり戴冠を阻む


三冠王者の底力! パトリックの2得点で今季初タイトルを獲得

 2016年の日本サッカーは、ガンバ大阪の天皇杯連覇で幕を開けた。元日の風物詩である伝統の天皇杯決勝が1月1日に行われ、9シーズンぶりの決勝進出となった浦和レッズと連覇を狙うG大阪が激突。FWパトリックの2ゴールによって、G大阪が2-1で勝利した。

 

 浦和は準決勝の柏戦で負傷交代した日本代表MF柏木陽介が欠場。その試合での交代と同じくMF青木拓矢がスタメンに名を連ねた。

 

 立ち上がりから、いきなりG大阪が決定機を迎える。前半4分、左サイドからMF宇佐美貴史がドリブルで突破すると、右アウトサイドで速いボールをゴール前へ。FWパトリックが右足で合わせたが、シュートは浦和GK西川周作に当たりクロスバーを直撃して跳ね返った。

 

 その後も決定機を作っていたG大阪に同32分、歓喜が訪れる。FWパトリックが中盤からドリブルで独走すると、浦和DF森脇良太を振り切りGK西川と1対1になるビッグチャンス。三度目の正直とばかりにパトリックが冷静にシュートを決め、G大阪が先制に成功した。

 

 反撃に出る浦和は同36分、右サイドからMF梅崎司が上げたクロスに、大会3試合連続ゴール中のFW李忠成が飛び込んでヘディング。シュートがゴールポストに当たって跳ね返ったところをFW興梠慎三が左足で押し込み、1-1の同点に追いついた。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト