Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内

2015.12.29 (Tue)

ザックJでも活躍した柏の”9番”工藤が米MLSへ クラブが移籍合意を発表


かつて小林大悟氏もプレーしたバンクーバーへ移籍

 

 柏レイソルは元日本代表FW工藤壮人が、米MLSのバンクーバー・ホワイトキャップス移籍で合意に至ったと発表した。メディカルチェック後、正式契約を結ぶことになっている。

 

 工藤は1990年生まれの25歳。柏ユースからクラブ一筋でプレーし、2009年にプロデビューを果たした。憧れだった北嶋秀朗氏から背番号9を受け継ぎ、主力選手として10年のJ2リーグ制覇、翌11年のJ1リーグ制覇などに貢献。13年にはアルベルト・ザッケローニ元監督の下で代表デビューも飾り、これまで4試合出場で2得点を記録している。

 

 移籍先となるのはカナダのバンクーバーを本拠地とするバンクーバー・ホワイトキャップス。NBAのスーパースターであるスティーブ・ナッシュ氏もオーナーの一人として加わっていることでも知られるクラブだ。13年には元日本代表MF小林大悟も所属。2015年シーズンはリーグで西地区2位に入りプレーオフに進出したが、準決勝でポートランド・ティンバーズに敗退していた。

 

 日本代表経験を持つストライカーは、ブラジル代表MFカカーをはじめ、イタリア代表MFアンドレア・ピルロ、元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードらスター選手が揃うアメリカを新たな活躍の場に選んだ。

 

【了】

 

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト