香川真司がローマ戦後に今季にかける思いを激白 「自分がやれること、チームのスタイルにチャレンジしていきたい」

「とてもハードにトレーニングしている。この時期はハードだけど全てはシーズンのためにやっている。フォーメーションも違うし、監督が代わればすべてが変わる。とても新鮮味を受けている。毎日緊張感の中で練習できている。その成果が出ればいい。パフォーマンスが悪ければ監督はストレートに選手とコミュニケーションを取る。その意味ではパフォーマンス自体、納得いかなかった。悔しいです」

 デンバーのスポーツオーソリティ・スタジアムで行われたローマ戦では後半開始から出場。LAギャラクシー戦に続く今季自身2戦目の実戦でもボランチで起用され、新たなポジションでのテストが続いている。

「ここ2シーズンは、1年目は優勝できたけど、2年目はつまづいてプレミアリーグの難しさを感じている。ただ今シーズンは新しい監督のもと、自分がやれること、チームのスタイルにチャレンジしていきたい。頑張りたいと思う。ボランチでは攻撃のところでボールを受けたりしながら、あとは距離感だったり、守備の仕方だったり、練習から細かく指示を受けている。今ボランチで練習している。そこ以外はやっていない。戸惑い? まだまだ慣れてない感じはしますけど、自分が与えられたポジションでやりたいなと思います」

 

page1 page2

ランキング