ACミランのインザーギ新監督が新戦力MFメネズを高評価 MF本田は左ボランチで勝負か!?

 今季の移籍市場でパリ・サンジェルマンから加入したサイドの仕掛人は、すでに新監督からの絶大な評価を手にしているという。現在、ピッポが指揮する新生ロッソネロは、チームの3トップの両翼をイタリア代表FWステファン•エルシャラウィとメネズで固定している。

 この特集では「メネズは、インザーギの名手。ピッポはメネズをすぐにプロジェクトの中心に据えた。パリサンジェルマンでの失敗を今季のミランで挽回する」と期待を寄せている。

 インザーギ新監督は22日の米国遠征で合流予定のMF本田圭佑の起用法について、3トップの両ウイングか、左ボランチと言及している。だが、インザーギ監督は、エルシャラウィとメネズを両翼に固定しており、地元メディアでの2人の評価も高い。昨年、攻撃的な右サイドハーフで明確な結果を残せなかった本田は、現状では左のボランチで勝負する可能性が高そうだ。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

※ワールドカップ期間中、記事内で扱うシーンの一部はFIFAワールドカップ公式動画配信サイト&アプリ『LEGENDS STADIUM』のマルチアングル動画、選手毎のスタッツデータで確認できます。
詳しくは、「LEGENDS STADIUM 2014 – FIFAワールドカップ公式動画」まで

ランキング