Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

データで読み解く

2014.07.08 (Tue)

データでひも解くW杯 準決勝2試合をプレビュー


ブラジル対ドイツ

 7月9日に激突するのは優勝回数5回のブラジルと同3回のドイツだ。ポイントは、開催国のエースであるネイマールの欠場が濃厚であることだろう。チームの10得点のうち4得点を奪った彼の欠場がどのような影響をもたらすのか。

図1シュート3プレー以内

 図1には、今大会でシュート3プレー以内に関わった選手のプレー数を載せた。ブラジルで最も多かったのはネイマール。2番目に多いマルセロと比べても倍以上の差があることが分かる。フィニッシャーとしてだけでなく周囲を生かすことでも機能していただけに、エースが不在の中でどのように攻撃を仕掛けるかに注目したい。

 

 一方、ドイツはミュラー、エジル、クロースの3人がほぼ同数であり個人に依存していないことが分かる。今大会での支配率は58.8%で、総パス数は3235本で最多。ハイプレスからのカウンターで得点を奪うチームが多い中で、ポゼッションサッカーを披露する彼らはどのようにゴールを挙げるのか。

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト