クラブ批判のミラン本田 イタリアメディアは3戦連続スタメン落ちと予想

システムは4-3-3の採用が濃厚

 ACミランの日本代表MF本田圭佑が、17日の敵地トリノ戦で3試合連続のベンチスタートになると、イタリアメディアが報じている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、試合当日の先発メンバー予想を掲載している。

 システムは今季の定番である4−3−1−2システムではなく、4−3−3システムになると分析。GKはディエゴ・ロペス、4バックは右からアバーテ、アレックス、ロマニョーリ、アントネッリ。3ボランチはクツカ、モントリーボ、ベルトラッチが並び、3トップは今季初先発となるチェルチ、ルイス・アドリアーノ、ボナベントゥーラと予想されている。

 バッカ、サパタ、本田という欧州以外の地域で代表戦を戦ったメンバーは、コンディション面を考慮された可能性もある。本田は4日の前節ナポリ戦では、発熱の影響もあり出場機会がなかったが、「何で出られなくなったのかわからない」と憤りを漏らすと同時に、クラブ批判を展開していた。

 すでにリーグ戦で1年以上ゴールから遠ざかっている本田は、来年1月の移籍も噂されている。途中出場でも何とか結果を出したいところだ。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

ランキング