バロンドール選外のブッフォン、怒る周囲に感動 「敬意に心が温まった」

集まったメッセージの洪水

 2015年のFIFAバロンドール(年間最優秀選手)候補59人が発表されたが、ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが選外になったことで、大きな波紋を広げている。地元各紙は一面で怒りにあふれた見出しで報じるなど、イタリア中が憤怒に包まれる中、ブッフォンは周囲からの激励に感動している。

 全世界から59人もの選手が選出される中、昨季ユベントスの2冠に貢献し、UEFAチャンピオンズリーグ決勝バルセロナ戦でも好セーブを連発した37歳のレジェンドは選外となった。

 一方で、ブッフォンはフェイスブックで友人や、知人の励ましの声の大きさに驚嘆している。

「今朝いつも通り携帯に目を移すと、サポートと結束を呼びかけるメッセージに圧倒されました。50人から60人のバロンドール候補に私がノミネートされなかったことが理由ではない。正直、今日発表されたリストに自分は気を留めていなかった。あまりの多くの人からのメッセージの洪水に私は驚かされたんだ」

 今回発表されたリストは、アーセナルの控えGKでUEFAチャンピオンズリーグのオリンピアコス戦で衝撃的なオウンゴールを記録してしまったコロンビア代表ダビド・オスピナら万人が納得できる人選ではなかった。ユベントスの同僚パウロ・ディバラも地元テレビ「メディアセット」で「史上最高のGKが選ばれていないなんて間違いなくおかしい」と憤慨していた。

 

page1 page2

ランキング