メッシが同僚ネイマールの出場停止を嘆く「ネイマールは友人」

メッシ「彼への出場停止処分は残念」

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシはバルセロナの同僚でブラジル代表FWネイマールの南米選手権で4試合出場停止を命じられたことを嘆いた。英 BBCが報じている。
 「彼がコパアメリカでもはやプレーしないことは残念です。ネイマールは友人なので、彼のことを心配しています。ブラジルにとってとても重要な選手なので、彼への出場停止処分は残念です」
 アルゼンチンとブラジルは宿命のライバルだが、両国のエースであるメッシとネイマールはバルセロナで「MSN」と呼ばれる最強3トップをウルグアイ代表FWスアレスとともに結成。3人で年間122ゴールを挙げている仲間である。共に決勝トーナメントに進出した両国は準決勝で対戦する可能性がある。
 ネイマールは0-1で敗れたコロンビア戦試合終了後に相手DFにボールを思い切り蹴りつけ、乱闘騒ぎの引き金を作った。サッカー界の批判を集めているが、サッカー大国のキャプテンをともに務める重圧を背負う後輩を心から憂う様子だった。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ランキング