スターリングを諦めないマンC、復活のウィルシャーも獲得を希望

ホーム・グロウン・プレーヤー確保に躍起

 プレミアリーグのマンチェスター・シティはリバプールFWラヒーム・スターリングだけでなく、アーセナルのMFジャック・ウィルシャー獲得にも本腰を入れたようだ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。
 
 「スカイ・スポーツ・ニュースHQ」のリポーターを務めるジェームズ・クーパー氏は、シティの補強プランについて、「彼ら(シティ)はウィルシャーを注視している。彼らが追うのはスターリング“か”(or)ウィルシャーではなく、スターリング“と”(and)ウィルシャーになるだろう」と語っている。
 
 シティは、スターリング獲 得のために4000万ポンド(約77億円)という高額オファーを提示したものの、5000万ポンド(約98億円)を要求するリバプールに一蹴されたと報じられたばかり。
 しかし、シティは、「ホーム・グロウン・ルール(※)」を順守するためにライバルチームからの引き抜きを諦めていない。(※現行では国籍を問わず、22歳以上の登録25選手のうち、21歳の誕生日を迎えるシーズン終了までに、3シーズンもしくは36カ月以上イングランドおよびウェールズのチームでプレーした選手を8人以上登録しなければならないルール)。
 
 ウィルシャーについて、クーパー氏は「週末のイングランド代表戦で決めた2ゴールにより、彼の値段も少し上がっているだろう」と話している。ウィルシャーは14日に行われた欧州 選手権予選グループEのスロベニア戦で代表初ゴールを含む2得点を挙げ、チームの勝利に貢献。近年は負傷に悩まされ、満足な活躍を見せられていなかったレフティーは復活の兆しを見せていた。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ランキング