ネイマールの退場にドゥンガ監督が怒りのコメント「あれはダメなレフェリーだ」

昨年のW杯に続く因縁

 ブラジル代表のドゥンガ監督が17日(日本時間18日)の南米選手権チリ大会1次リーグのコロンビア戦で0-1の敗北後、FWネイマールに退場処分を下した主審を酷評した。ESPNスペイン語版が報じている。
 昨年のW杯ブラジル大会準々決勝の再現となった1次リーグ最大の激突は、ネイマールが重傷を負った昨年の対戦に続き因縁を深めた。
 前半36分にセットプレーからコロンビア代表ジェイソン・ムリージョが左足ゴールを決めると、ブラジルは決定機を外し続ける。そして、試合終了後にネイマールが思い切り蹴ったボールがDFアルメロに直撃。これに激怒したコロンビア代表がネイマールに詰め寄ると、FWバッカはネイマールを思い切り突き飛ばした。
 前半終了間際にイエローカードを受け、すでに次節ベネズエラ戦の出場停止が決まっていたネイマールには改めてレッドカードが提示された。ユニフォームが破れるほどエキサイトしたバッカにも試合後の退場処分が下されている。
 試合後、闘将は怒りを露わにした。「コパアメリカはエンリケ・オセスのような審判に裁かせてはいけない。あれはダメなレフェリーだ。試合後の乱闘は彼の失敗だ」
 チリ人のオセス主審をドゥンガ監督は名指しで批判している。MFウィリアンも「主審はネイマールをリスペクトしなければいけない。彼は試合中ずっと(コロンビアから)殴られていた。今日もまた起きた。そして、彼が退場させられた」と激怒していた。
 ネイマールは昨年のW杯コロンビア戦ではDFスニガによる背後からのファウルで腰椎を骨折する重傷。準決勝ドイツ戦に出場できず、セレソンは1-7という歴史的大敗を喫することになった。
 ドゥンガ監督は「コロンビアは経験深いチームであることを証明した。我々の選手は挑発に乗り、フットボールをプレーすることを忘れていた。ブラジルはフットボールをプレーしなければいけない。戦争に行くわけではない。我々のベストを尽くすことに集中する。それはフットボールをすることだ」と必死に前を向いていた。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ランキング